嗚呼、明日も平和でありますように。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2007/11/22 Thu 02:19
はい、というわけでこんばんは、ヘタレ覇王のエロールでございます。w


えーと、講座の前にちょっとプレの現状を並べておきます。
ライバルはどのくらい居るんでしょうね?(´∇`)

(A):阿斗LOVEさん・サンゲンさん・千里眼さん・テストさん・餅野郎さん
    ブランドーさん・リョーチョーさん・狐林さん

(B):優兎さん・雷覇さん・NEZAさん・ひとがたさん・フルムさん・橘生さん

(C):龍火さん・緋鷺さん


(1):千里眼さん・NEZAさん

(2):龍火さん

(3):阿斗LOVEさん・雷覇さん

(4):ブランドーさん・

(5):ひとがたさん・

(6):餅野郎さん・緋鷺さん・リョーチョーさん

(7):橘生さん

(8):サンゲンさん・テストさん・優兎さん・フルムさん・狐林さん


えー、ほぼ予想通りのばらつきになってます。w
司馬懿は結構人気ありますねぇやっぱり・・・意外と趙雲が2名も居たのに驚きですw(ぁ
あと橘生さん。(7)は殆ど当選確実ですね^^(ぁ

あ、ちなみにこれを見てやっぱ変えますコメントも今回は採用したいと思います(´∇`)ノ
折角なので、ちょっと楽しくしてみたいですしね。w

とりあえずこれは先発宣言ということで、変えるのは今のうちです。
ちなみに帰ってくるのが日曜日なので、日曜日の24時まで有効にしておきますね♪

まだまだ投票受け付けてますので、興味ある方は下の記事からどうぞ!








さて、では本日の本題ー。

ではお先にむんくさんよりいただきました質問ですね。w

纏めさせて頂きますと、

R諸葛亮 R質実趙雲 R関銀屏 R魏延 R鮑三娘 のデッキで、
UC孫権入りの呉バラへの立ち回り


ということですね。

先にポイントを説明しますと、

・お互い号令が打てるまでの士気差を考慮する。
・計略範囲内に武将を極力入れないこと
・カウンターは常に頭の隅において置いておくこと

また兵法は絶対的な意味で再起にしておきます。w

以上です。

では順を追って説明に入ります。



・開幕


相手に伏兵が2体居る場合はご無理をなさらず、ということは先ず念頭にお願いします。
伏兵が1体(特に周瑜の場合)は、全力で騎兵で掘ってください。w

と、理想はそんな感じで・・・とりあえずほれれば良いので(´∇`)


さて、まぁ柵の配置にもよりますが、大体地形別に分けますと、

片道通行:柵は重ねて配置されることが多い。
平地  :柵はバランスよく配置されることが多い。
二本道 :片道通行と同じ、ないし中央に柵を構える人もいる。

こんな感じです。で、結構柵を配置されてるとよく「壊したほうが楽」だとか、「壊さないと負ける」とか言いますが、
正直なところ、あくまでその柵全壊の理論は理想論になってしまうことと、蜀ですとどうしても槍に高武力が集中してなかなか全壊が難しいので、実際のところ、柵が3枚あれば1・2枚、2枚あれば1枚壊せればOKです

また、相手が槍2弓3の形=天啓がない ということですので、怖いのはカウンターからの兵法増援+手腕のコンボ、ないし孫呉の大号令+増援でのごり押し、なので、序盤はこちらの武将を失ってはいけません。

ですので、特に趙雲、魏延、諸葛亮は極力生かしておいてください手立てがなくなります。

ですができるだけ壊したいですよね。w

そこで、ここでは囮騎兵というものを使います。(たぶんご存知でしょうが一応説明。
囮騎兵とは、相手の射撃をこちらの騎馬が先行しオーラをまとって動き回り、サーチをつぶすことの定義です。

この囮騎兵を使いますが、近代ではちょっと使い方を少し工夫すればもっと良くなるのになーと思う囮が多いです。

というのも、弓サーチをする側の平均的スキルアップに原因があります。
最近のNEZAさん講座でもありましたが、「弓を横にしてサーチしやすくする」というのはもはやブロガーさんやランカーさんがが広めていった常識技になってきます。
また、狙いやすいのは特に端に居る武将で、カードを端の武将に向かって95度ほど方向転換させてやると、奥に居る武将まで届くとかいう優れものサーチがあるんですね。(タイミングも入りますが、結構精度高い人だと真ん中でも応用が利いてきます。

で、このサーチを惑わせる騎馬の動き方、というのが今回序盤で大切なことです。
そんなん無理でしょ? という人もいると思いますが、何もしないよりはいいということで見てみてください。w

まず、こちらは伏兵を掘らなくてはいけないのですが、ここに関しては
配置場所は必ず柵の近くなので、そこをリミットゾーンとして設定します。が、趙雲で踏むよりは幾分ましなので、魏延で踏んでも泣かないようにしましょう。w

さて、肝心の弓の集め方ですが、
   ○○ ←騎兵
  ●●● 
これが基本形ですが、これを
  ○   ○
  ●●●
こういう風に揺さぶった展開にします。本当は動画撮りたかったんですが、撮影場所が見つからず断念ですorz
ここでポイントなのが、騎兵は端の槍のラインより少しはみ出してまた基本形にもどし、また開いてという繰り返しです。
槍が怖い、といわれると今までの講座が水の泡ーになってしまいますので、騎馬単講座1~6を参考に頑張ってみてください^^;

この繰り返しの狙いは、開き方をこうすることで、若干サーチが騎馬に偏る時間が長くなります。

ということは、それだけ長く槍が柵を壊す作業に携われるということですね。

が、ここで問題なのが伏兵を早期に踏んでしまったパターンです。

この場合、無理はせずいったん引いたほうが良いです。往々にして無理な攻めは全滅しか招きませんので、先ずは落ち着いた対処が必要になります。
たまには待つことも必要であることは、頂上等を見ていてもわかると思います。
ただ、槍撃に自信がある場合、柵に触れるか触れないかあたりのところで槍撃部隊を2部隊、壊す部隊を残りの騎馬+槍でやると、割とイーブンまで持っていけます。

また、序盤は絶対に攻城を取らせないでください
こちらが攻めないと勝てないデッキなのに、あちらに待たれてしまうと名君やらで逆転できないケースが蜀のデッキにはほとんどです。
が、これは防げる場合のみに適用されます。無理に再起打つほどであれば逆に打たないほうが良いです。



・中盤?は?

ラインは絶対に上げさせないようにお願いします。

・・・とはいっても、怖いのが周瑜だけな場合は趙雲と鮑三娘を城から出して対処することも可能ですので、号令が居る場合のみライン上げは厳禁ということでお願いします。
(陸遜さんが居るときはまずあげてこないので、城からある程度出て待機でも大丈夫です。

さて、最初に申し上げた「号令までの士気差」を考慮します。

こちらのデッキ、諸葛亮・鮑三娘・関銀屏で魅力3=1.5個。
あちらのデッキ、おそらく周瑜入り+何かで大体0.5?1.5個ほど。

孫堅が入っていない分、差があまり開かないので計算が楽ですね。w
号令を打てばこちらが打ち勝てる武力上昇分であることはわかると思います。
が、ここで問題なのが火計の存在なわけですね。

この火計が槍にとっては一番厄介で、下手に足並みをそろえようとすると、かえって火計を食らってしまって危険です。

ここでポイントになってくるのが、R趙雲の計略時間と、周瑜の火計の長さの把握と横幅に上手くずれることです。

先ず周瑜の火計の長さ。横が細くなったといえ縦に並んでしまっては同じことなので、絶対に縦に主力武将を含んだ隊列は避けてください。
また、縦に進行する場合でも 趙雲 鮑三娘 と 魏延 関銀屏 といったように、後に火計を食らっても、守備は大丈夫なような隊列を組んでください。

で、焼かれないように・・・とは書いてますが、どうしても範囲に入ってしまう場合がありますね^^;
ので、焼かせるつもりで攻めあがっていくのもまた手です。

が、隊列は上記のような分け方にしないと守備面で不安が出てきますので崩さないようにお願いします。

また、号令が居ない弓3というのは、主に太史慈や甘寧を含むものがあるので、八卦陣の奥義はダメージ系に使うことも手だなということは把握して置いてください。
(例えば太史慈+中知力1体を含め雷を落とせば、大体の場合どちらかが沈む計算になります。


さて、ここで、でラインを押し上げる事が大事(つまりこちらから仕掛けられるとき攻めて行く)なので、趙雲の質実剛健が非常にキーポイントになってきます。

例えば、こちら士気8で相手が士気8の場合で、こちらからラインを上げて、周瑜が端側で待機している場合、

    鮑

        諸
関   趙

頭文字使ってます。w また魏延側には柵がないと仮定します。
こういう形にすれば、相手の周瑜がどこに狙ってくるか、魏延と趙雲の間に生まれる対角線上を狙って出してくるわけですね。

そこで、もうすぐ一直線で重なる! というところまではそのまま行軍していき、質実剛健を発動します。

このときから士気5だと判断しておきます。

で、相手は何を出してくるかですが、大体の場合そのまま白兵戦に持っていくケースが多いので、そこを利用します。
ここで何を狙うかというと、そのまま落城のケースです。

このまま重なっていき、騎兵で囮を形成しつつ槍のラインを上げていくと

魏   鮑
関   趙
        諸

こうなる予定ですが、これを

関   趙


    鮑  諸

になるように展開するとですね、不思議と生まれてくるのが火計を使わせることができる形になります。

どこが?と思いますが、この趙雲、火計を食らわずしてさらに武力10が進軍してくるので怖いわけですね。
さらに焼こうとしても関銀屏+魏延にして焼くか、ないし鮑三娘と魏延がマウントで重なったところを焼こうか という狙いすぎた計略が生まれてきます。
ここまできたら、あとは攻城を奪うだけですので、趙雲をある程度潜らせて相手が号令我慢できずに打ってきたなら八卦陣、ないし魏延と関銀屏を焼いてきたなら無理せず帰還です。

前者ならば落城も狙え、後者なら士気差が生まれてきます。

あとはそこを利用して終盤まで立ち回れれば、八卦陣優位のまま試合が終了すると思いますので、ここまで。



では流れ以外のUC孫権とSR陸遜の場合ですが、

正直陸遜、UC孫権には結構むんくさんの八卦陣であれば相性いいです。w

気をつけるべきポイントだけ書いて見ますので、後は実践してみてください。

先ずUC孫権。士気は軽くて槍にはつらい計略ですが、趙雲・魏延・鮑三娘を起点に攻めてください。諸葛亮関銀屏は其の範囲外で待機します。
また攻めきれるときは八卦陣を1回打ち、1回目の名君をやり過ごした後関銀屏を徐々に上げて名君2回を誘発するという方法か、
趙雲の質実剛健をかけた後、八卦陣で無理やりラインを押し上げて中盤移行の流れに持っていくかのどちらかです。

どちらにせよ、2度掛けしてくることはわかってますので、決め手はこの場合八卦陣になってくると思います。

また高武力弓が1体、槍が1体存在する場合、こいつらに落雷を落とすのは上策なので、積極的に狙いつつ、火計で焼かれないように立ち回ってみてください。w




またSR陸遜に関してですが、部隊を死なせないようにすることで対応できます。

ラインを一定以上上げられてしまうと打てない計略なので、中盤説明の中期で言ってますがラインは常に押し上げてください。
そうすることで自然と計略の選択肢が火計によってくると思います。ので、焼かせないようにラインを上げていくことが大事です。

もしも陸遜が発動してしまっても落ち着いて対処しましょう。というのも、相手の武力の+数値が7、こちらが6なので、後うち八卦陣でも城内乱戦であれば十分間に合ってしまうんですね。w
同武力を同武力であて、相手は槍2本しかいないので、マウントとって居る武将が槍であれば、優先的にそちらを封じこめ、突撃をすれば守れるケースが多いです。
冷静な対処ひとつで戦況がぐるりと変わりますので、先ずは孫呉への見方を帰ることも大事ですね。




・・・ということでいいでしょうか?

UC小喬に関しては、発動されたらとにかくガン攻めです。兵法は増援の法で、質実剛健 → 八卦陣が理想です。
しかし、小喬を八卦陣で狙い撃ちできる場合はそうしたほうがいいですね。ともかく、ラインを常に上に上げることで対処できるはずなので、こちらに関しても中盤からの動きを参照にしてください。
(もちろん火計の可能性も考慮してあげていってくださいね。w
小喬→孫権のコンボがくれば、あとは押せ押せで行けば武力差で押しつぶせるはずですので、頑張ってみてください。(^-^)

UC小喬に関してはちょっと簡単なので、もう少し具体的な質問があればまた旅行から帰ってきてから書かせていただきます<(_ _)>










では次にりおさんのケース。


R典韋 R司馬懿 R曹仁 R楽進 UC程

でいいでしょうか?w
で、りおさんは純正神速ですね。

最近まったく見ない形ですが、とりあえず対処法をつらつらと・・・。w

たぶん平地だと大丈夫だと思いますので、悪地形のときを考えておきます。


・序盤

序盤に関しては、こちらも伏兵居るので無理に攻める必要はないです。
ラインの上げ方ですが、賈クを先頭にして踏ませるようにして、後ろですぐオーラを纏っている状態です。

○○
○○
具体的にはもっと狭いですが、こんな感じですね。

で、この形で行くと、いずれ

 曹楽
 典
柵----柵

    賈

この形で出迎えられると思います。ここからが本番です。

先ず柵の手前で張遼を停止させ、図のところで賈クを待機させます。後ろ3人は常にオーラを纏っておくこと。

張遼はそのまま柵あてに向かわせて、曹仁と楽進が近づいてきたら下げ、3人が前に出る形で一瞬あちらが引くと思うので、そしたらすぐに張遼を柵壊しにまた向かわして・・・という繰り返しです。これをしているうちに、司馬懿か程が出てくると思うのでそうなればこちらのものです。

先ず司馬懿(程)をひきつけなくてはいけないので張遼はそのまま下がり、3人は弾丸を装います。程の場合、曹仁がしんがりになるように片手で用意して置いてください。
ここで相手は攻めに転じてくるはずなので、そうしたら賈クを左のほうにずらしていきます。ここで3人はノーダメージであると仮定するので、伏兵を踏まれないようにするような動き(フェイク)をかまします。

曹仁(司馬懿であれば司馬懿)を先頭に(程が居ればこれを壁にして)典韋が前に進んできますよね。
この隙を突くのが賈クの伏兵です。伏兵を踏まれたらまずいような動きをしているので、当然騎兵がぐるぐる回ってきます。そうしたら典韋がいい感じに重なってくるので、こちらは逃げますが、これ自体もフェイクです。
で、今度は賈詡が居る方向へずらしていく形になります。理想図ですが描きますと


  典楽
  程曹

ないし

  典
  楽
 司 曹

こんな感じになりますね。では賈クの狙いは何かというと、兵力の減った曹仁に踏ませるor楽進・典韋に踏ませることです。
大体6割の確率で踏んできます。っていうのも、大体賈詡は城門前か中央後方に位置しているので、その辺で騎馬にうろつかれると司馬懿は安易によってこれず、典韋を待って地味に上げるしかないからなんですね。

ここで伏兵を踏ませますが、万一しくじったとしてもそれはそれで張遼の兵力回復の時間稼ぎになりますので、結果okです。w



・中盤?は?

気をつけたいのが、
妨害計略範囲に入らないこと
マウントを取られる位置までラインを上げさせないこと

です。
難しいかも知れませんが、とりあえず妨害に掛かってはいけない組み合わせとして、

張遼+龐徳+曹仁 ×
張遼+賈詡+曹仁 ×

これです。いえ本当にダメです。w

が、このどちらかが抜けていればいいので、例えば

楽進+曹仁+張遼 ○
賈詡+龐徳+張遼 △

このようにランク付けできます。前者はなぜ○かといいますと、典韋+誰かに離間をかませば、少なくとも攻城は1発に防げるほか、典韋は効果が長いので足止めもできるという点です。
後者は△ですが、一応守れる希望はありますね。賈クを待つ間、張遼で城内乱戦しつつ、楽進を犠牲にしてでも槍マウント部隊を防ぎ、曹仁の神速戦法で突撃・・・という感じです。相手まだ速度アップ掛かってない分遅いので、どうにかなりますね。w

と、同時に掛かってしまってはいけない例でした。

では攻めあげるにはどうすれば良いかというと、やはりキーポイントは離間のちらつかせに着きます。

こちらの狙いを簡単に言いますと、先ほども少し触れましたが、典韋+楽進 もしくは 曹仁+楽進 でもいいので、とりあえず離間に含めることです。
そうすればとりあえずあいての武力ががた落ちになります。

ここからが勝負で、先ず相手がこちらに妨害として司馬懿を使ってくるか、ないし味方掛けで使ってくるか非常に悩むところです。

ので、先にこちらから乱戦してしまいましょう

というのは、相手が再起の可能性もあるからです。
では、相手が車輪の大攻勢だった場合どうすれば良いか? ここは単純に逃げましょう。w
逃げたとしても、典韋、ないし騎馬2体の武力と移動速度はまだ下がったままなので十分対処できます。相手が司馬懿を打ってきたとしても、こちらは神速の大攻勢で打ち返せば十分カウンターは取れるはずです。

またここでちょっと注意していただきたいのが乱戦した後に連環のほうだった場合、このときだけはすぐに神速の大攻勢を打ってしまったほうがいいです。
司馬懿妨害か曹仁でゴリ押ししてくる可能性もあるので、早めに対処して典韋を片付けておいたほうがいいから、というのが一番の理由ですね。


ちなみに離間をかけると、武力差的にはこちらが妨害をかけられたところで圧倒的にこちら勝っていますので、落ち着いて対処していけば勝利は目前だと思われます。(^-^)


とりあえずキーポイントは離間です。ただ狙いすぎると逆に妨害食らってしまうケースもありますので、賈詡はできるだけ範囲外に置いておくのが、相手の攻城を防ぐコツですねv


また別のパターンがあれば、むんくさんと同じく質問よろしくお願いいたします。w











ふう、書いていたらもう2時回ってましたorz

とりあえずちょっと眼をこすりながら急いで書いてしまったので、お二人様これでよろしければ反応等お願いいたします。orz


それでは今日はこれにてー。

また更新に関してですが、ネカフェによる予定なので、そこから簡易的に更新するかもしれません(゚-゚)ノ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
どぉしよぉ。変更しようかな?
この記事でもいいんですかね?
うーん、(C)+(7)に変更でw
2007/11/22(木) 21:23:31
URL | 橘生 #-[ 編集 ]
仙台オフお疲れ様でした~

対戦一回しか出来なかったので残念です~

4枚八卦の扱い上手過ぎです~。開幕、こっちトップローダー合体とか意味不明ワザWWW

次は是非神速で!

うん。こっち槍4

うん。兵法は車輪

うん。これで五分WWW
2007/11/24(土) 21:44:51
URL | YOS #-[ 編集 ]
ご教授ありがとうございます!!
非常に細かく説明してくださって、とても分かりやすかったです!
それで、さっそく教えてもらった事をメモして、昨日と本日、大戦に行ってまいりました!!

守成の名君デッキを相手に戦う方法は「全国大戦」を選べば良いだけ!という昨今のこの現状・・・ww
見事(というか、やはり)、初戦から守成の名君・赤壁デッキとあたりまして、さっそく実戦・・・。
結果、見事勝利しました!!
実戦してみて、教えてもらった事がさらにわかりました!

「囮騎兵の動き方」について、以前までの自分の囮騎兵の動き方は、2体の馬を「同時」に左右に動かしながら、槍を前進させていったのですが、それですと弓サーチが始まるラインに到達した際に、左右に動かしてる馬がちょうど前にいない槍部隊への弓サーチが始まってしまい、槍2部隊への弓サーチは2体の囮騎兵で守れても、どちらか端の槍1部隊は守れない、という状態でした!
それが、教えてもらったような囮騎兵の動き方をすると、全ての弓が囮騎兵へと向けられ、相手が弓サーチをこちらの槍部隊へと修正しようとしても、こちらの馬が3体の槍の前を「1体と1体の馬」が満遍なく動いている為に修正後の弓サーチも馬へと向かせられました!
と共に、「序盤、柵を無理に壊さなくても良い」という事から槍部隊を無理せず自陣へと戻す事で、序盤に部隊がいなくなってしまう事は一度もなくなりました!
それにより、序盤に城ダメをくらい、以降は守成で守る、という一方的な試合は無くなりました!
本当に効果絶大です!!

それと同時に赤壁への対処方ですが、これも効果絶大でした!
序盤にこちらの城ダメを取られてない分、中盤以降、相手も赤壁を軸としてこちらに攻めてこようとするところに教えてもらった隊陣でこちらも攻めいると、大半は無理にでも赤壁を打ってきましたww
ただ、こちらの隊陣の作りから、守りが崩れる事が無い為に、一度帰還しまして白兵戦、ないし士気3~4を使い、その場を退いた後のカウンターでほぼ落城、もしくは城ダメ8割ぐらい取る、というパターンが多かったです。
教えてもらう前までは「赤壁には勝てない」という意識が生まれていましたが、今では「士気7を使わせた」という士気差を意識する事が出来、そのままカウンターへの手順を意識するようになりました!
確かに赤壁は強いですが、士気7もデカいですね!!ww

守成の名君に関しても、「守成の範囲」を頭の中に入れておくだくで、相手が赤壁を打って来なかった場合、大抵はこの守成の名君で守ってきましたが、こちらが強化した部隊に守成を打たれたら後方部隊と入れ替え、さらに打ってきたら帰還、それにより相手は士気8を使い、士気差でのカウンターで相手落城、のパターンが多くなりました!

小喬や陸孫を相手にしてもそうですが、エロールさんに教わってから「呉軍への先入観(弓と火計は怖い)」が無くなり、「カウンターへの意識」を常に持てるようになりました!!

それで呉の各デッキにいる超絶系の部隊(最近は太史慈をよく見かけます)も士気5~6ですので、落雷もしくは号令の使い分けで押し勝てるようにもなりました。

昨日と今日で結構大戦をやりましたが、ほとんどの試合に勝つ事が出来ました!
(やはりほとんどの相手が守成入りのデッキだったので、しっかりと訓練も出来ました!ww)

細かく立ち回ると、「呉軍は計略に士気をかなり使う」というような印象を受けましたし、それを利用したカウンターが効果絶大だなー!と思いました!

エロールさんには本当に細かく教えていただきまして、ありがとうございました!!
おかげで全国大戦熱も復活し、大戦3まで繋げそうです!ww
また質問などをしてしまうかもしれませんが、これからも何卒宜しくお願い致します!m(_ _)m
本当にありがとうございました!!
(長文になってしまいまして、すいませんです!!汗)
2007/11/25(日) 19:01:58
URL | むんく #-[ 編集 ]
おぉ!対策ありがとうございます(゚∀゚)!

なるほど。。序盤はやはり重要ですね。
しかし開幕の動きってなかなか難しいですね(;´Д`)
張遼が柵にぶつかってて、相手の騎馬二人が突撃してくる前にタイミングよく退く、
相手が退いたらまた張遼は前に出る。
のバランスとタイミングが難しそうです。刺さりそうw
いつもは、無理して突っ込むこともあるのでw
実践していこうと思いますっ!
あ~、、妨害にかかってはいけない組み合わせは・・・
全く、その通りですよね(;´Д`)
はじめの×二つは、絶望的ですw

ふむふむ、、ラインを上げさせては駄目なのですね;;
離間のプレッシャーをあたえつつ、こちらからラインを上げていき、
離間かけたら、あとは典韋さんに乱戦してしまえー!
という感じでしょうか。。
それで典韋さんを処理できたらあとは、とりあえず攻城までもって行けそうかもです(●´∀`●)
いろんなパターンをあげて書いてくださりありがとうございましたー!m(_ _)m
今度攻守に当たったら負けないぞーヽ(`Д´)ノ オー!


あ、超絶遅ればせながら、三万打おめでとうございますv(≧∇≦)v
プレは・・前に当てていただいたので今回は見送ってますw
2007/11/25(日) 22:53:20
URL | 佐久間りお #bOuPcRVA[ 編集 ]
■橘生さん
結果でてまーす♪
変更して正解だったかもですよ?w

■YOSさん
お疲れ様でしたー♪ して店内もありがとうございました! 確かに1回だけしかできなかったのは(´・ω・)

いやいや、うちなんてまだまだなので・・・これからも精進あるのみですよ^^;
むしろYOSさんのほうが槍撃ウンマー(゚д゚*)でしたからw

次回神速・・・受けてたちましょう。
でも5:5はないですよwww正直1:9ですよwww
またお会いできることがあると思いますので、よろしくお願いしますねー♪

■むんくさん
おおう、早速実践してくださったのですね、ありがとうございました。w
返信すこし遅くなってしまいまして済みませんでした;
しかもなんかうちよりも正確な文章がΣ('□';)
実はうちは試されたのか?!(ぉ

あ、でも唯一よかったなーと思ったのは、天啓入りに当たらなかったことです。w
あれは割りと柵を守りきったと思ったら次の瞬間攻め込んでくることがあるので、そこの注意点だけ書かなかったなーと思ったので・・・でもむんくさんならいくらでも応用できそうですし、大丈夫そうですね。w

しかしそこまで上手くいくとは正直思いませんでした(゚-゚;)
相手さんの立ち回りにもよるパターンの書き方だったので・・・でもとりあえずラインを常に崩さなければ倒せるデッキですので、ものは考えようですね(´∇`;)
あと参考になったとお褒めのお言葉・・・感謝です。・゚・(ノД`)・゚・。
実はこちらもむんくさんの返信の中で参考になりました部分がありました。w
こちらこそ、ありがとうございました<(_ _)>

質問などは常時受け付けてますので、こんなへたれでよければいつでもお答えしますので~(^-^)
連勝記録伸ばし、がんばってみてください。w

■りおさん
むしろ少し遅くなってしまってすみませんでしttorz

序盤はああは書きましたが、やっぱり死なない程度にするのが大事なので、あまり無理にはやらないほうがいいですね^^;
張遼だけで不安であれば、曹仁も加えちゃって大丈夫だと思います。序盤はそんなに彼に期待をかけちゃうと痛い目にあってしまうので。w

あと妨害とライン上げられるには気をつけないといけませんね・・・どのデッキもそうですが、やっぱり相手にペースをつかませないことが大事なのです。
・・・守ってペースをつかむ人もいますけどね。w
典韋さんは離間にかけやすいと思いますので、実践あるのみです(´∇`*)

3万打お祝いありがとうございます<(_ _)>
プレ見送り?! ご遠慮なさらずとも・・・ハッ、欲しい景品がないってことか、すみませんorz
でも今後ともよろしくお願いしますです。w
2007/11/27(火) 02:18:59
URL | エロール #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erole.blog8.fc2.com/tb.php/382-9728053e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 今日の出来事。 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。