嗚呼、明日も平和でありますように。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2007/11/13 Tue 14:32
はいどうも、またずいぶん間が空いてしまいました・・・エロールです。
ちょいと5に続きを書こうと思ったのですが、だいぶ期間開いちゃったので6として書いておきます;

さて、ではちょっと時間もないのでぱぱっといきます。





壁突撃については(5)で述べたとおりです。ポイントとしては、

槍初速とオーラ発生条件の見極めはしっかりと身につけること
・「刺さるなー」が頭の中を過ったら無理はせず様子を見ること
自分が扱う騎兵の突撃ダメージを普段から計算しておくこと
・最初はおおざっぱでも大丈夫。慣れてきたら自分で工夫すること

こんな感じですね。店内ならば空気を読んで槍が少ないときのほうがブロガーさんには多いのですが、全国というのはどうしても勝ちたいデッキ(流行で槍が多いときなど)でこられてしまうので、日頃の鍛錬が試されるわけですね。

ちなみに体感・・・というか現状仕様ですと、乱戦していると槍兵のほうが騎兵よりも早く抜けることが可能です。

なので、結構刺さりやすくなってます。追いかけて追いついたときは一定方向に行くだけなので連続乱戦になるのですが、通常の乱戦ですとどうしても追う方向がばらけてしまい、結果的に空間ができて槍オーラが一瞬だけ発生します。
できるだけ慎重に行動することも、今回のバージョンでは重要ですね。

壁突撃については以上です(´∇`)



(2)城内突撃について



意外?と壁突撃ができる人が城内ができないなんていうことをよく見るのですが、これはあまり難しく考えないほうが上手く行ったりします。w
というわけで、あんまり考えるのも良くないのですが(感覚でやっているところもあるのであまり当てにならないのもありますが)、とりあえず方法論だけ。

・先ずはどの程度自城に潜ると帰還するのかを見る

ポイントはここに尽きます。ここだけ見極めれば半分は大丈夫です。

・・・とはいっても、ここが難しいんですよね。w
というわけで、自己流ですが文章で説明します。(学校なんで図が用意できない;;


まず潜るまでの目安ですが、ミニマップを最初は参照しましょう。

大体カード3/4が入った時点で自城に入っていきます。

ということは、それよりも前に横、ないし上に動かせばいいわけですね。
しかし、ミニマップを見ながら戦うのは結構苦労する?かと思います。(自分は両方参照するのであまり気にはなりませんが。w

では本画面ではどうなっているかを見極める方法ですが・・・

相手の自城もぐりを見ているとわかると思いますが、煙を出す位置が大体わかると思います。敵の城のラインに入ったところでオーラが消えるのはわかりますね。そのラインを目印にしますと

→自城線に入った時点で煙が出てきます。

ここを目安にして、カードを体感2/3枚分(大体0.5cくらい?)が帰ってしまう距離になります。

ということは、大体3/5分までは大丈夫ということになりますね。半分超えたらすぐ動かす感覚で行けば大丈夫だと思います。

よくわからないーという人は、ひたすら練習してみてください。というかこちらも結構感覚でお話してしまっているので、ひょっとしたら3/5枚分潜らないうちに入ってしまうこともあると思います;
頂上等の動画でミニマップを確認する、というのが最も手っ取り早い方法です。オーラの有無等の条件で多少変わってきますので、参考動画があったら自分でも載せてみますね・・・というか写真でも撮ってアップします。w


・迎撃を食らわないことはどの程度まで可能か?


えー鋭い人というか、勘が良い方ですともう薄々気づいてるかもしれませんが、
相手の槍オーラは自城ラインに入るまで継続するまで存続することはわかりますね。

ということは、

1/2分だけ、槍の進入可能区域が存在することになります。


騎兵オーラでも刺さる位置が存在します。


これだけは覚えて置いてください。上手くなると、この槍をよけながら突撃することも可能になりますが、最初のうちは無理をしていると刺さってしまったり、折角上手く行っていたのに気が付いたら帰ってました、なんてことも結構あります。

このラインを見極めることが城内突撃完成の瞬間です。

また、刺さらないにしても槍を上手く誘い込む方法も大事です。

例えば、

進行する方向に槍オーラが存在する場合、そこは一瞬浮き上がって槍を横にしてあげて、再び潜ってやると攻城ラインに触れて突撃することができたりします。

ないし、槍オーラをこちらへひきつけておいて城内から壁を出し、そのまま突撃して大ダメージ!なんていうことも可能です。


というような感じです。


帰ってきたので続きうp。w


要は、城内突撃というものは突撃だけにあらず、時にフェイクだったり、不意を付いたりできるものであることも忘れないでください。


今日さっき確認してきましたが、城内もぐりの位置は大体↑のであってます。
もう少しもぐれますが、それに関してはもうちょっと気張らないと無理かなとも思いましたので。w
慣れてきたらどんどん掠る程度を目指してがんばってください(´∇`)b



・ぶっちゃけ、城内のメリットは?


あ、ここに触れてませんでしたwww

えーとメリットは多々あります。

・相手の突撃オーラを消してくれる。
・もぐっている状態なので、連続乱戦されづらい。
・なんていうか突撃だけできる。ハッピーライフ!
迎撃のときの悲しさ、プライスレス

こんな感じですね。ともかく騎兵使いなら身に着けておきたいスキルの一種です。w
でもこれが難しい人は、とりあえず壁突撃を城内で応用できるようになれば、ひとまずはダメージは減ると思います(´∇`)




城内突撃については以上です。





(3)サイクル突撃とは?




さて、ここからは少しオリジナル?入ります。(というか名前を勝手につけてるだけですが。w


えー、サイクル突撃とは、

野球で言えばヒットエンドラン
サッカーで言えばワンツーリターン
バスケットで言えばアウリープ

そんなものです(ぇ

では実例に参ります。w



簡単に言ってしまえば、壁突撃の壁役⇔突撃役がチェンジしていくだけです。

ないし、壁役に適任な武将が突撃した場合、そのまま壁をやらせて元の壁役は突撃に回ってあげるなどなど

言いたいことは、壁突撃の応用っていうことだけなんですけどね。w


ただこれにはちゃんと効果がありまして、騎馬単において一番重要視されるライフの均等化ができるわけですね。

つまり、死なずして相手のライフを0にして、こちらはライフ半分以上残ってる状態を作り出すことができるんです。

体力多いほうが生き残ってるほうがいいじゃん!ってひともいるかもしれませんが、
1手で攻城をするよりは、2手で攻城をしたほうが入る可能性は格段にあがりますし、
体力が均等ということは、さらにそのサイクルを繰り返せば、体力2割な状態で全員が帰還できるっていうことなんですよね。

再起いらず、増援が選択肢に入る他、大攻勢も非常に使いやすくなります。

というわけで、そんな方法の仕方。


・先ず壁武将を接触させ、後ろは突撃モーションを用意する
 ↓
・当たりそうになったら(オーラが触れる少し手前から)壁武将を乱戦から抜けやすい方向へ引く
 ↓
・突撃。先ほどの壁役が今度はオーラを纏う

で、1に戻ります。また3体以上の場合はこれをお手玉のように扱います。

1体目突撃乱戦はいり、2体目突撃乱戦はいり1体目は退きオーラ、3体目は・・・という風にですね。弾丸突撃ができる場合は、こんなことわざわざやらなくてもいいですが、非常に綺麗に見えますので実践してみてください。w(ぉ

弾丸でこのサイクル突撃をしたい場合は、自軍の2体以上当てたうちの部隊の中から一人を乱戦させ、他はまた弾丸突撃・・・という具合です。
この際、低武力を乱戦させて高武力を突撃に回すと、低武力はHP大体6~7割、高武力はほぼ無傷でサイクルすることができます。
加えて突撃ダメージは高武力のほうが当然高いので、体力が多く残ってるほうを次は壁にして・・・という具合に、サイクルを継続できるわけですね。

これがサイクル突撃のメリットです。w













さて、以上で基本講座終了になります。いかがでしたでしょーかっ!

約1ヶ月かかってしまいましたが、気長にご覧くださっている皆様にはただただ感謝ですorz


講座は、また要望が多ければやりますし、なければ3になってからまた改めて別の講座ということにしておきたいと思います。w


では、これにてヘタレ講座いったん終了いたします・・・





で、ですね。






質問ありましたらどんどん言ってください。w


これを個人的技術と観点でお返事したいと思います。
講座の一番最後の項目はこれのことでしたと。w



というわけで、最初のほうのらぷさんの質問


・メインとサブはどのくらいの比率で見てますか?

これについては前にも書きましたが、城内するときなど5:5、通常は本画面メインで7:3ほど、他相手城内を見るときは8:2くらいでミニマップ見てます。
というのも、いずれも目安をつけやすい見方だからです。
乱戦しているときは、ミニマップなんて見ていたら槍に刺さってしまいますから、メイン画面を良く見ますし、
逆に城内は槍が居てもぐりを維持したい状況ですので、ちょっと神経を使いますが半々ほど、
攻城してるときは、煙を見つつ相手城内に突撃をする必要があるかどうか、攻城ラインを見極めるのに使ってたりするので大体ミニマップを見てます。

※あくまで自己流ですw

というわけで、やっぱり自分が気にしやすいほうに目を向けていくのが一番です。w
ミニマップ見ないって人もいますけども、それはやめたほうがいいです。確実に感覚勝負になってしまうことほど、正確性のないものはないので(´・ω・)←初心のころ其ればっかりで負けがこみました

全体を良く見て、相手の軌道を予測するのにも役に立ちますしね。ミニマップをメインマップに優劣をつけるのは難しいです^^;




次に阿斗さんの・・・

一人でなんとかしてくる神速の極や赤兎咆哮。
計略範囲がまる被りの大水計。
そして一番絶望的なのが悪地形での名君流星。



これですね・・・うーん赤兎咆哮と神速の極はたぶん問題ないと思うのですが(´∇`;)
それぞれ対処法だけ簡単に載せて見ます。また何かご意見ありましたらお願いします。ちなみに神速で考えていいんですよね?w

・神速の極相手の場合
相手に槍が居ないときは1体を犠牲にするつもりでかかりましょう
逃げられてしまうかもしれませんが、こちら追いつけないことは必須なので団子になっておくことが大事です。
団子状態になっておけば、突撃されてもこちら突撃し返す回数のほうが多いので、結局相手が倒せるのは1体、行っても2体くらいです。
この際、神速の神速の極を打たれた後に連環等が控えてる場合は散開できる位置までそれぞれバラけてください。
槍が居る場合も後者と同じくでお願いします。

こちらが攻めている場合でもあまり無茶はしないことですね。白銀の獅子と一緒みたいに考えてくだされば大丈夫だと思います。また、こちら神速は出し惜しみしていると打ち負ける場合でしたら、迷わず打ったほうが良いですね。w

・赤兎咆哮

直線状に固まらないこと。


これだけです。w
軌道を予想してよけるしか手立てがございませn(´・ω・)
ないしおとりを使います。2:3に分かれて打たせるなど、少し工夫が必要ですが・・・
もしくはフェイクをします。突撃したと同時に撃ってきたならよけるのも簡単ですので、そういった戦い方を心がけることが大事です。


・大水計


まず範囲を割り出したうえの攻め方をします。
    +
絶対にラインを上げさせないでください。

終了フラグたちっぱなしですw

で、回避法を載せますが・・・人にはスタンスというかそういうものが存在してますので、

攻撃型ならば神速先うちで相手の城まで一直線、まず張り付く部隊と援護する部隊を分けます。このとき荀攸が城から出ている状態でしたらまず突撃できる状態であればそのままいき、槍等援護がいて無理な場合、その援護している部隊を引き離さないといけないので、逆に攻城に行ってしまったほうがいいです。
その後、こちらの突撃部隊を2体ほど取っておいて、荀攸に突撃をします。この効果は城に張り付く部隊と荀攸の距離が大きいほど功を奏します。

カウンターが好きな方でしたらラインをこちらから上げていって、わざと4体ほど流されてください。
で、再起を打った後神速でカウンターという形になります。たぶん覇者くらいまではこの戦法通用しますが、それから先は読みあいがおおくなってきますので荀攸よりも他の計略を使われる場合がありますが、其のときはいつもどおり対処してください。


・流星名君について

えー自分の神速ならばある程度勝ち目はあるのですが、純正に近い形ですとちょっとつらいですね・・・

まずひとつ。兵法再起はご法度です。
常に攻め続けないと負けるデッキがカウンター狙いの再起では勝てるものも勝てなくなりますので。
お勧めは増援か大攻勢です。

次に、槍のいるほうに固まらないこと。
槍撃ダメージ食らってみるみるうちに撤退なんていうことがざらになります。また固まっていると、高知力でさえ孫桓の炎で焼かれたり・・・なんてこともありますゆえ。

また、なるべく囮騎兵は用意してください。それがサーチが変わったならば、今度はその囮騎兵と柵破壊部隊を入れ替えてがしがし削っていきます。

柵の壊し方ですが、両サイドからけしかけるのがもっとも効果的です。
そして最も重要なのがやはりオーラで、相手迎撃ができると思ってこちらがよった瞬間に一瞬はなれますので、そのフェイントを繰り返すことで確実に柵は削れます。

いかに相手に振られず、自分のペースに持っていくかが重要です。
この際、相手の士気には十分注意してください。
大体士気6たまったあたりから注意していかないと無理になりますので・・・。


また悪地形のときですが、こればかりは相性差がでますので、デッキ内容によります。このご時勢なので、デッキ内容をいじって対策武将を入れることをお勧めいたします。
純正にこだわるのであれば、決め手は龐徳です。
彼の計略、計略が前進するだけで効力ないと思われガチですが、柵を壊すうえでは最も低コストで発揮できる力を持ってます。
現に武力が4も上昇するということは、それだけ長生きするということです。彼を囮につかうことで、槍撃をしてくる武将のほうがHPが減っていきますので、他の騎兵部隊はHPを維持しつつ柵を壊すことを狙ってみてください。

またあまり神速は打たないほうがいいです。やるならば神速戦法や超絶強化のほうが望ましいです。
※しかしながら状況によっては小喬を葬れるパターンが出ますので、其のときだけは頑として神速の大攻勢を推奨いたします。見極めが難しいですががんばってみてください。






とりあえずこれだけ・・・でしたでしょうか?

千里眼さんやらひとがたさんのは追いかけるコツのところでやったので大丈夫だとは思いますのでw
でもダメでしたら連絡くださいね^^;


まだまだ質問受け付けてますので、よろしくお願いします^^
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
あいっ、ありあっした~っ!
質問の答えもとても分かりやすく参考になります。
やっぱり特定の計略もちには読み合いになってしまっちゃいますよね(´Д`;)
ようやく刹那神速が手に入ったので三国志大戦3までは、張遼をトウ艾にしてデッキをまるっと入れ替えだっw
楽進の枠はずっと殿馬なので、彼だけは固定なんですけどねw
2007/11/14(水) 08:46:21
URL | 阿斗LOVE #-[ 編集 ]
最近の俺の勝ち要因(笑)
読んで頭に叩き込んでから
大戦すると勝てる(笑)

まぁオカルトは抜きにしてもまじ判りやすかったです
そしてお疲れ様でしたm(__)m
2007/11/15(木) 09:13:36
URL | ネザ #-[ 編集 ]
え~っとこのたび仙台OFFに参戦することになりましたひゅ~ずと申します。
まだ高3ですが、あちらではよろしくお願いします~

あと、よろしければ相互リンクをお願いします。
2007/11/15(木) 22:21:51
URL | ひゅ~ず #-[ 編集 ]
いつも拝見させていただいております、むんくと申します。
是非とも質問させてください。
自分は八卦奥義の槍3馬2の形のデッキを使っていますが、周瑜入りの槍2弓3の呉単系に全く勝てません。
弓と槍オンリーのデッキを相手にした際の立ち回り等がございましたら、是非とも教えてください。
孫呉陸孫or屍孫堅+周瑜の時点でyほぼ諦めてしまっております・・・orz
よろしくお願いします!
2007/11/16(金) 22:12:06
URL | むんく #-[ 編集 ]
レスでーす!

■阿斗さん
いえいえーっw
と、要所要所へんな日本語になってるのは寝る前に書いたからですので・・・何かまた質問ありましたらよろしくお願いしますですよ(^-^)
特定の計略云々に関しては、やっぱりそうですね^^; 最近は楽進よりも曹昂のほうが使い勝手がいい気がします・・・武力上昇値的に考えてですががが

大戦3では艾が2コスト伏兵の7/9騎兵でしたでしょか?刹那神速ではなくなるみたいですが、彼にはまだまだ活躍の余地はあるみたいですね。w

■ねざさん
そういっていただけるとうれしいものです、ありがとうございました。(^-^)
極力丁寧に、されど鈍筆にがもっとーなので(ぉ)、あとは画像さえあればいいんでしょうが、気力がありません。w(というか実践じゃないとたぶん貼り付けても実感わかないと思うので
最後までありがとうございましたー<(_ _)>

■ひゅ~ずさん
おーっと!はじめまして!
高校3年?!なんという若さ・・・自分はすでにおっさん思考にチェンジしつつあるというのにwww
あちらではよろしくお願いしますです(^-^) 何気に東北の方とはいまだに交流が少ないのでw

相互リンクの件は了解いたしましたーヾ(・ω・)ノ

■むんくさん
お初です! そしていつも見ていただいてる・・・?! なんかちまちま更新ですみません・・・orz 昔のように時間があれば・・・。

質問ありがとうございますー。・゚・(ノД`)・゚・。
八卦奥義の槍3馬2の形のデッキとのことですが、今自分が浮かんでいる形が、SR諸葛亮 R姜維 R趙雲 R魏延 C夏侯月姫(ないしR龐統)なのですが、あってますでしょうか・・・?
もし大丈夫でしたらその形で考察させていただきますので、ご確認お願いします<(_ _)>
また違う場合でも、デッキ提示していただけると、自己流ですがやりやすくなりますので、よろしくお願いします。w

ちなみに周瑜入りでR孫権が居ない場合、2枚掛けのほうが効果的ですよーと先に知恵を出してみますねヾ(・ω・)ノ
2007/11/18(日) 01:19:01
URL | エロール #-[ 編集 ]
講座おつかれでした~!
いろいろ参考になることが多かったです(●´∀`●)
わかりやすかったですし♪
私も頭に叩き込んで全国行ってきますっ!
実際の対戦中って、そっちに意識がいっててなかなか思い出せなのですが。。(;^▽^A

なるほど。。柵を壊すときでもホウ徳って計略使っちゃっていいのですね~。
確かに、武力12が前進して柵壊しに来てて、
それを阻止しようと乱戦すれば逆に相手が溶けそうですしねw
頭に入れておきます~!

あ、あと・・・はい先生(`・ω・´)ノ
私はどうしても・・・R典韋&程入り攻守自在が苦手なのですが・・・
どうやって立ち回ればいいのでしょうか・・・(;´Д`)
典韋怖いよ典韋orz
程さんいるので、典韋さんにはりついてから号令うてないんですよね。。
まとまると攻守妨害もとんで来ますし・・・
やっぱ・・・典韋+αを離間に巻き込むよう立ち回ったほうがいいのでしょうか・・・
離間狙おうとわたわたしてると、攻守自在妨害を食らったり・・・ということも多々です。・゚・(つД`)・゚・。
たぶん・・・特に相性はそれほど悪くないとは思うのですが。。苦手意識付いてるかもです(´・ω・)
お暇なときにでもよろしくです~(●´∀`●)

・・・攻守自在、3では死亡っぽいですがw
あ、でも機略自在がありますねw
2007/11/18(日) 23:52:06
URL | 佐久間りお #bOuPcRVA[ 編集 ]
コメント返信ありがとうございます!
ではデッキを書きます!
まず、八卦奥義は落雷or武力6上昇のR諸葛亮の方でして、デッキはR諸葛亮 R質実趙雲 R関銀屏 R魏延 R鮑三娘の槍3馬2の形です!
先日、覇者へと昇格したのですが、全国戦8割が呉単で100%の確率で守成の孫権入り、萎える日々が続いております・・・orz
苦手なデッキはUC孫権+号令(SR孫呉陸孫orSR屍孫堅)と、UC孫権+ダメ計(R周瑜orR陸孫)の槍2弓3の形です。
あと、この記事にも書いてありますとおり、流星名君がかなり多くなりまして、柵は壊せるのですが、城ダメージをとろうとしても名君の効果でなかなか与えらずに、流星のダメージ量に追いつかずでして、かなりその後の展開がキツくなってしまっています。
色々とお聞きしてしまい、すいませんです!!
立ち回り方等ございましたら、何卒ご教授お願いします!
2007/11/19(月) 16:58:00
URL | むんく #-[ 編集 ]
■りおさん
お疲れ様でしたー&ありがとうございましたー。w
いやー日本語おかしいところ多々あったでしょうが、見逃してやってくださいorz
確かに、文章だけだとやっぱり実感わかない=本番でも発揮しづらい ですよね・・・ちょっと動画でも用意してみますかー。問題はビデオカメラw

特攻戦法についてですが、一概に使え!とも言い切れない計略です・・・(´∇`;) あれは”しいて言えば”という感じなので、あまり信用はしないでくださいね。w
でも突破力が付くのは事実です。周泰か孫策が居なければ余裕で抜けられると思いますヨー。あと程普w

>私はどうしても・・・R典韋&程入り攻守自在が苦手なのですが・・・
どうやって立ち回ればいいのでしょうか・・・(;´Д`)

質問承りましたー(´∇`)ノ
正直うちも其のデッキはうざいと思ってますwww頭では対処法できてるのに、相手のほうが一枚上手なことが多くてもう(´・ω・`)
攻守自在はきえますが、機略自在が残りますからねぇ・・・なんですか雲散って。号令死亡フラグですよ。w
がんばってかきまーす!

■むんくさん
>R諸葛亮 R質実趙雲 R関銀屏 R魏延 R鮑三娘


鮑三娘Σ(゚д゚;) まさかまたこの娘の名前を聞くとはおもわなんだ!!w
とりあえず了解いたしました。w もうすぐ旅行になってしまうので、其れより前に書き上げます・・・書き上げます!ヾ(`Д´)ノ
とりあえず名君については避ける方法が結構あるので書き足していきます(´∇`)
・・・動画とれたらそっちのほうが楽でいいんですがw(ぉぃ

がんばって書いてみますね! でも期待全部はかけないでお待ちくださいっw
2007/11/20(火) 01:02:46
URL | エロール #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erole.blog8.fc2.com/tb.php/379-8e79b6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 今日の出来事。 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。