嗚呼、明日も平和でありますように。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2007/10/22 Mon 22:51
金曜っていってたのに月曜になってしまったことお詫びしますー。・゚・(ノД`)・゚・。

こんばんはエロールです。

テンプレを変えて気分一新を図ろうとしてたんですが、これがまたなかなかややこしくて・・・あと橙→緑になったのでかなり違和感あると思います^^;
自分的にもちょっと無理あるわなーと思ったらまた橙に戻す予定です。冬だからなんか緑って寒いイメージもありますしね。w






さて、では少し間が空きすぎてしまいましたが、前回までは

槍に刺さらない方法

というものを自己流ですが公開させていただきましたー。
で、本来は止まるだけで終わらせたくなかったのですが・・・バイト時間だったので区切らせていただきましたorz
そのあとの皆様のコメントも、案の定というかなんと言いますかw

>刺さらずに止まることはできたけど、乱戦するまでにまたオーラ纏って迎撃された馬鹿者はどうすればいいでしょうか?w

とか、

>追いかける時が難しい……
そこで今悩んでおります(´・ω・)


などなど、ほかにもちょろっと違うものもありましたが、

止まった後の動作が難しいという意見を多数いただきました。w

当然といえば当然ですよね、止まった後の処理まで書いて初めてあの記事が完成するはずだったので・・・orz

というわけで、今回はそこのところのお話です。

    ----------

■槍兵を追いかけるコツ

    ----------

はいっ、というわけで今回も簡単にではありますがお話させていただきます。
簡単にというとあれですけれど、本当基本的な技術の応用ですので、見ていただければわかるかと思います。

ちなみに、これを書いている本人でさえ、大戦離れしてると刺さるようになってくるので、感覚で身につけられるように努力してみてください。


さて、では止まったあとの処理をお教えします。が、普通に








オーラをまとわなければいいんです。
























「ふざけんなー!!」
「ぶっ刺さるっつってんだろ!もっとちゃんとした対処法書けよ!!」

「てめぇだけいい思いしてんじゃねぇよ!!!」


うわっ、やめて、石投げないで、罵声飛ばさないで!!


















・・・とまぁ、やっぱそんな投げやりな言い方だと反感を買いますので、もっとちゃんと書きます。w(最初からやれよ

つまるところ、距離感というものが大事になってきます。

図があればいいんですが下手すると余計にややこしくなるので言葉だけでいきますね;
(てか某ニコニコ動画の人っぽく口でやったほうがはやそうだw

えーでは以下の項目に注目してきます。

・オーラをまとう距離間を目で見て体で覚える。

これはどの状況にも当てはまりますが、特に重要視する場面が、
追いかける場合 と 攻城阻止ないし攻城支援の場合です。
覚え方ですが、二通りあります。

一つ目。
前回、約1cほど走ればと言いましたが、この感覚が大事です。正確には1cよりも前なので、気持ち早めにカウントを見ておいてください。
さすがにカウントをずっと見ていることはできないので、1cの感覚は自分で養ってください!

二つ目。
後こちらは目測になります。
カードを垂直に上下させた場合、カードの下側を底辺として0とすると、丁度カード0.8?-0.8枚分動いた状態からオーラが纏われます。
横に平行移動した場合、カードの左側を底辺として0とすると、1.3?-1.3枚分動いた状態からオーラが纏われます。
斜めの場合はちょっと覚えづらいのでカウントで見たほうが正確かもしれませんが、イメージをしてみると・・・
垂直方向を1辺、平行方向を1辺とした四角形で見てみてください。
そうすると、起点から丁度対角線の位置で纏い始めることが想像されますね。
まぁこの辺は目測になってしまうので、やはり感覚が大事になってきます

( ゚д゚)「感覚感覚ってそればっかりじゃん。」

仰ることもわかるのですが、こればっかりは正直自分の中では「基本技術」のひとつに入ってくると思ってます。
そんなん使い慣れた人の言い訳だよと仰ると思いますが、騎馬を少しかじったことがある人なら「ああこのくらいか」っていうことでわかっていると思います。違ったら申し訳ないので別途追記は致しますが・・・。

と、ともかく以上がオーラを纏う大体の距離感です。


・槍オーラの大きさを把握する

前にも書きましたが、大体カード1/2枚分くらいの大きさがあります。
が、こういう風に書くとでかすぎっていうイメージが染み付いてしまう恐れがあるので、ここではそのイメージをちょっと変えていきます。

では刺さる判定というのはどの程度からされるのか?

確かに大きさは1/2ほどあるのですが、実際刺さる判定がつくのはこの1/2をさらに1/4したあたりからです
ではその1/4の判定は何かというと、槍撃のダメージ部分に相当します。

※これは振り返られたときの場合ですので、正面から何も動かされず突っ込まれた場合、文字通り1/2の大きさになってますのでご注意ください。

で、この槍撃というものは放たれた瞬間から少しだけ合間を置いてまだ判定が残っているものなので、うまくいけば刺さらず槍撃の判定だけが残るということが多々あります

ちょっと難しく言い過ぎたので簡単に言いますと、
要は、刺さる位置というのは、見た目よりも割と小さいということです。ここだけ理解していただければ先ずは大丈夫だと思います(^-^)

(言ってることが前の記事と矛盾してるかもしれませんが、あれはあくまで初心者さんに対していったことなので、大まかなイメージというか流れみたいなものですので、その辺はご了承ください<(_ _)>


ではこの二つを踏まえたうえで、刺さらないような距離を割り出して見ましょう。
といっても結構少ないです。

お互いと待っている状況という風に考えてください。
また槍は止まっている状態なので機能してないものと考えます。
停止状態から相手が後ろに下がり、振り向いたときの刺さる可能性というものを考慮していきます。
今回は、盤上で縦の場合を考えてます。


・相手との感覚がカード1枚分未満の場合えー、簡単に言いますと刺さる可能性はほぼありません。ラグありならあるかなー程度ですので、そのまま突っ込ませても大丈夫です。
心配な方は実際1回やってみてください。あ、もちろん自信があるときで大丈夫ですよっ。自信がないうちは次からの項目を試してみてください。

槍との感覚が1枚?1.5枚分の場合
結構難しい距離です。w
というのも、先ほどの説明だと初速のことを考えてもオーラを微妙に纏ってしまい、刺さってしまう可能性が出てきてしまうからです。
こういう場合、まずオーラを纏わない距離だけ走り、ほんの少しだけ停止した後、また追いかけてください。
これが難しい人は、0.5枚ずつにして上の太文字の部分をやってみてください。逃がしたくないときはこうすることでプレッシャーを与え、かつ相手もいつ突撃してくるかわからない状況でてんぱりますので効果的です。
大事なことですが、刺さってもなかない。



。・゚・(ノД`)・゚・。



・1.5枚分以上の場合は?
こちらのほうが少しゆとりがありますよね。この場合は無理に追いかける必要もないですが、追いかけたい場合は上のようにして実行してみてください。
(もちろん0.5枚分ずつ動かしていたのでは追いつけませんけども。w





はい、これだけです。ちょっと難しいなーと思う人もいるかもしれませんが、基本の応用みたいなものですのでそんなに気張りすぎずにやってみてください。(^-^)













では今日はここまで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
テンプレ変わっただと?!携帯厨の俺には全くわからない\(^ο^)/
真剣に全部読んで「なるほど。」と理解した後で「でも大戦やらないよな、俺」と思いなおしてちょっと空しかったです。
そもそも騎馬単じゃないんだから壁突撃しろって話ですがねww
2007/10/23(火) 07:25:20
URL | むつ #-[ 編集 ]
む、むずかしい(汗
まずは何度か読み返して、
実際にチャレンジしてみます。
2007/10/23(火) 14:07:59
URL | 橘生 #-[ 編集 ]
お~なんかすげー理論的!!
試してみます。そして感覚を養って3で仕様変更で泣くんですね。わかります。
俺が神速デッキやったらまずSR賈クを犠牲にして槍を消したあと神速号令発動が恒例行事です。
そして相手兵法車輪でおわた^^
2007/10/24(水) 03:33:15
URL | 保坂さん #-[ 編集 ]
■むつさん
なんだって?! じゃあ携帯も変えないとwww
今だとたぶん羊ので見えてるはずw
騎馬単講座とは銘打ってますけど、実際は騎馬の扱い方を自己流で紹介してみようの記事なので、少しでもなるほどが得られれば十分な自分。w
むつさんは大戦3になったら戻ってくるんですよね? わかります^^

■橘生さん
あ、やっぱむずかしいですよねorz
ただこればっかりはこういう風な言い方をするしかないので・・・感覚的な言葉で書いていいのならかくんですが、結構伝わりにくいもので(´・ω・`)
実際に動画とって協力してくれる人がいればいいんですが、300円は重い。
ぜひがんばってください(^-^)

■保坂さん
理論的に見えて本人目線ばりばりです!w
でも試してみてくださいなっ やっぱり使い続けているだけ自信があるのでw(最近は間隔あけすぎて刺さりっぱなしですけどね!
SR賈詡の犠牲は・・・昔からお世話になってますorz
あと今日は久々に車輪マスターくらってびびりました(;;゚-゚)
車輪じゃないにしても、神速に車輪とかついてるともうこっち涙目ですよね・・・w
2007/10/25(木) 01:49:56
URL | エロール #-[ 編集 ]
え~、お久しぶりですm(_ _)m

さっすがはエロ様、とてもわかりやすくて自分の馬の扱いを再度見直せますね。
そんなエロ様にリクエストは槍以外に騎馬単にキッツイやつら相手の立ち回りもお願いします。

一人でなんとかしてくる神速の極や赤兎咆哮。
計略範囲がまる被りの大水計。
そして一番絶望的なのが悪地形での名君流星。
こやつらの対処の講義を頼みます。
2007/10/25(木) 08:55:35
URL | 阿斗LOVE #-[ 編集 ]
■阿斗さん
お久しぶりですー! 色々と環境大丈夫になったんでしょうか?;

わかりやすいと言われただけでもう書いた甲斐があります(ノω;) ありがとうございますですっ
でももう少しわかりやすい説明もあったのかなとかちょっと後悔・・・

>槍以外に騎馬単にキッツイやつら相手の立ち回り

こっちの要望もあるとはおもわなんだwww
うーんこればっかりはどのデッキかで変わってくるので、常な対処法しか紹介できないんですが、それでよろしければ・・・ですね。
講座は順を追っての説明になるので、少し後になってしまいますが承りました!
でもちょっと悪地形の流星名君はちょっと厳しいですなw
2007/10/25(木) 16:40:14
URL | エロール #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erole.blog8.fc2.com/tb.php/375-4c2a4c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 今日の出来事。 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。