嗚呼、明日も平和でありますように。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
2007/10/13 Sat 15:04
はいこんにちはーエロールです(・ω・)ノ

今日はバイトが@1時間後にあるのでささっと書いていきたいと思います。w
前回は、

・騎馬って何?ってくらい、全く騎馬が扱えない。
 (突撃などの基本技術ですら1枚でも扱えない。)

・基本動作は大丈夫だけど、技術的に上手くいかないことが多い。
 (突撃がたまに発動しない、よく止まっていることが多い。)


というところを解説してましたが・・・やっぱり基本ですしね、反応も薄いみたいです。w
というわけで今日はみなさん聞きなれた言葉だと思いますが、



ビタ止まり



・・・とまでは今日は行きませんが、槍に刺さらない馬の停止方法というのを自己流ですがささらさらと書きます(*´∇`)


ではれっつごぅ



    ----------

槍に刺さらないための心得

    ----------

というわけで今日もよろしくお願いいたします。

たぶん騎馬が苦手とする人はここで大体躓いてると思います。
自分の中では、騎馬が扱えない=槍に刺さるから というイメージがあるんですが、みなさんそんな感じなんでしょうかね?

でもこれは、おそらく次の言葉をイメージしすぎているからでしょう。




ビタ止まり




騎馬を使う人間なら憧れる超上級テクニックですね。
慣れてくると神速状態でも使えるようになるとかなんとか・・・そこまで慣らすには並ならぬ努力と時間、そしてちょっぴりの才能が必要になってくると思います。

そんな技術に憧れて、自分をその想像図どおりに動かそうとして、「刺さってばっかりだ・・・」 なーんて、嘆いていたりしませんか?


まずはイメージを・・・というより、考えを改めてみましょう(・ω・)/


ビタ止まりをしたいのは山々ですが、そういった技術を身につけるよりも先に、まずどの位置まで自分なら刺さらない自信があるのかというものを確認する必要があります。

それが確認できましたら、次はどの位置から刺さるのかをイメージしてみてください。
ちょっと画像がないので正確なことはいえませんが、
槍オーラはカード1/2枚分くらいの大きさがあります。
これを参考に、今自分が止まれる位置というものを計算してみてください。

自分が最近やっているのは、ビタ止まりもそうですが負けたくない試合に限っては相手の槍兵のカード(1+2/3)枚分を目安に動いてます。これはビタ止まりというよりも、確実に乱戦に入れる距離ってやつです。ちなみにミニマップでも通常の画面でもどっちでも計算できます。
できる人はこちらでどうぞ。w

でも、「何だその分数は・・・見えるわけないだろ」って言う人も絶対いると思います。
そういう人は、マップ上に現れる赤い停止位置に注目してください。これが何のことかわからない人は、今すぐゲーセンにいってカードを動かしてみてください。停止位置予定のところに赤い四角が出てくるはずです。
これを目安に動かしますが、この赤い停止位置、実はタイムラグで多少ズレが生じる場合があります。
なので、上記の安全性が確保されたとまり方をするためには赤い位置を槍に刺さらない位置にまで下げてみてください。
目安は大体槍が届かない位置・・・というほかないのですが、槍撃されて届かない位置・・・とするのが妥当ですね。
ここでポイントなのは、ぎりぎりを目指す必要は全くないということです。ここでギリギリなんてものを目指すが刺さることは明確なので、無理をしない方が吉です。

※あくまで槍に刺さらないことが目的なので、ギリギリのとまり方を知りたい人はもう少し先の記事をお待ちください。


馬に刺さって困ってるという人は、まず上記を試してみてください。
別にいきなり技術を求められることをやらないでも、馬にも基本というものがありますから、まずはどん底からでもいいのではじめて見ましょう(^-^)
(自分もなれるまで刺さりまくりでしたから・・・。









・・・とすみません、バイト時間ですorz
次はいつ公開できるかわかりませんが、とりあえず早めにやりたいです(´・ω・)
でぁでぁ?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おぉ!(゚∀゚)
騎馬単講座が始まっておられる・・・!
これは最後まで期待大です♪

>どの位置まで自分なら刺さらない自信があるのか

なるほど・・・そういう風に考えたことはなかったかもです。
ちょっと意識して確認してきますw

しっかしいくら騎馬単使ってても刺さるのはなかなか防げないです(;^-^A
最近ではだんだん刺さるのがあんまり怖くなくなって来た・・・というか、
槍は無視するのが常になってきてしまいました;
でも、ビタ止まり、できたらカッコいいですよね~(●´∀`●)

後の講座も楽しみにしてますw
2007/10/13(土) 22:21:42
URL | 佐久間りお #bOuPcRVA[ 編集 ]
せんせー
刺さらずに止まることはできたけど、乱戦するまでにまたオーラ纏って迎撃された馬鹿者はどうすればいいでしょうか?w
槍兵って、逃げるんすね………
第三弾以降もwktk
2007/10/14(日) 10:08:16
URL | ひとがた #-[ 編集 ]
■りおさん
ヘタレ講座、はじめました。(夏のあれ風にw
よろしければ最後までお付き合い願いますですよv

>どの位置まで自分なら刺さらない自信があるのか

というのは、正直気づいたのは覇者になってからです。嘘じゃないです。w
でもみんな結構ぐっさりぐっさり行ってるので、まずはこういう感覚から養わないと駄目なんじゃないかなーとか思ったので・・・自分もぐっさり刺さるほうでしたし、経験からですけどね^^;
(お気に触ったらすみませんorz

騎馬単ので慣れるには、ミニマップをこまめに観ることも大事だと思いますですよー。
ただやっぱり刺さる刺さらないになったらちゃんと本画面を見ないといけませんが、ミニマップでもある程度は判断できるので。w

>最近ではだんだん刺さるのがあんまり怖くなくなって来た・・・というか、
槍は無視するのが常になってきてしまいました

あるあるですよwwwwww
でも立派な戦術ですよね。弱点なんだから避けて何が悪いんですかっていうことです。w
弓がガン守りなのと同じ理屈だと思うので大丈夫ですよ(^-^)

後の講座・・・がんばります。w

■ひとがたさん
はいどうぞっ ってそれですよねやっぱり。w
ここでお答えするのもいいのですが・・・
次に回そうと思ったので、ちょっと回答については次回を期待して置いてください^^;
なるべくわかり易い説明で刺さらない理屈っていうのを言いたいと思いますのででで。
参考までに、オーラを纏う距離=刺さる距離なので、逆に考えると・・・っていうことですね。w

逃げる兵には警戒しながら追いかけることも必要みたいですね(´・ω・)b

期待されてるのでがんばります。w
でもあんまり期待しすぎて幻滅はしないでくださいね。・゚・(ノД`)・゚・。
2007/10/15(月) 00:43:47
URL | エロール #-[ 編集 ]
>どの位置まで自分なら刺さらない自信があるのか

槍に刺さるのが怖くて人馬号令を使っている自分には、目から鱗が出る教えですw
槍に刺さるのを怖がってちゃ、いつまでもうまくなりませんよね。
刺さるの覚悟で自分の能力を見極めるのも必要だと実感しましたわ。
2007/10/15(月) 12:22:13
URL | 橘生 #-[ 編集 ]
DSで槍激とビタ止まりの仕方を理解した奴がここにいるぞぉ!(ぁ
まぁ、刺さるのが怖くて騎馬少なめのワラワラにしてますが>< 

ということで、せんせー!メインとサブ画面どのくらいの割合で見ながら操作してますか(*´∀`)ノ
2007/10/16(火) 07:54:19
URL | らぷ #HaKu8Xss[ 編集 ]
止まろうとして、相手の城から出てきた槍にブスリってことがたまにありますorz
最近、ちょっと趙雲と馬超が刺さりすぎだったので、この講義はありがたいです。
あとは、神速戦法使ってる趙雲が、城から出た勢いでブスリとか・・・泣きたくなります。


私の場合の目安は、赤い四角でしたっけ?移動先の目印になるものがメイン画面にありますよね。あれ目印にしてました。でも刺さるっていう現実orz

調子いいときに騎馬単(4枚)でやると、一枚壁にして突撃とか出来てるのに、桃園でやると刺さる・・・騎馬2枚しかないのにこの差って一体(^^;)

私はこんな感じなので、本当にこういう講座って感謝感激飴霰状態ですw

来月、騎馬についてご指南いただけたら幸いです。趙雲は、上級戦器強いので使ってるんですけど、神速中に刺さるって本当泣けてきます。
2007/10/16(火) 16:50:04
URL | 雷覇 #-[ 編集 ]
やっぱエロールさんは知的ですな( ´∀`)
無理にぎりぎりのぴた止めは狙わない方がいいっていうのは、
かなり重要ですよね。
ただそうすると追いかける時が難しい……
そこで今悩んでおります(´・ω・)
というわけで次回の記事wktkしてますね~
2007/10/16(火) 20:26:41
URL | 千里眼 #JalddpaA[ 編集 ]
なんだこの分かり易すぎる解説はwww

あ、そっか、無理にぎりぎりに止めなくてもいいのかw 自分が刺さらない位置を見極める。。。それが無理そうorz

でも騎馬兵はやめられんとです(*´Д`)(末期
2007/10/17(水) 19:39:38
URL | サンゲン #IiIabhMA[ 編集 ]
がーやっと時間できましたorz
出来れば金曜日の深夜に更新したいです・・・

■橘生さん
ありがとうございます。w でも至極簡単な考えなのになかなか出て来ませんでしたから・・・やっぱり発想は大事だなと思います。
騎馬の上達のコツは刺さってナンボですが、やっぱり刺さったなら刺さったで試合の後でじっくり思い起こすことも大事です。そういう意味では、この見極めの項目も大事になってくるのかなーとか自己分析してみたり。
慣れてくると楽しくなるので、是非身に着けてくださいv

■らぷさん
あるあるwwwwwwww
でもDSだとその場でぴったと止まってくれるので操作し易かったですね。w
ただ移動力アップ戦器持ちの人はかなりブッ刺さってましたがヾ(´ー`)ノ
騎馬少な目でも、悲哀だと操作量が求められるのでいいと思います。w
逆に悲哀で騎馬4とか使ってる人見ると

(´゚д゚)

こうなります。しかも妙に上手いし・・・

んーメインとサブの比率はその時々で変わりますなぁ。
大体5:5かな? 固まって動くときは9:1、ワラワラで動いてるときは4:6という感じに。
なぜかというのは・・・視野が変化することでということでw
また細かいことは載せます^^;

■雷覇さん
城から出てくるときのそれは本当注意が必要ですねー;
あれについては感覚で覚えるのがやっぱり手っ取り早いですが、大体相手城の1/2にいれば刺さりはしません。結構びったり止まってくれるので最近は計算しやすくて助かります。w
自城から出てくる神速状態の部隊については・・・またおいおい説明しますね^^;

馬だけのデッキだと結構神経使うので扱えたりするんですが、槍が入ると視点が若干変わったりすることが多くなるので(槍メインの画面になるため)、その辺はまた違うニュアンスで観ておいた方がいいかもしれません。
自分も結構八卦使ってる時に刺さった記憶があります、趙雲w

感謝感激雨霰て・・・そんななんか逆にこんな講座ですみません。・゚・(ノД`)・゚・。
がんばります・・・!

ですね、来月はちょっと検証とか時間埋め合わせできるものが欲しいですねwww確実にあまるのでwww
一緒に考えましょーvv

■千里眼さん
知的というか絞って出た答えがこれなんで、実は経験だったりするんですよ(´∇`)
しかも1年半もやっててこの事実に気づいたっていうねwwwもう神速使いとしてどーなんすかっていうwww
・・・精進します。てか自分もいまだ刺さりますorz

ギリギリは狙わない方がぶっちゃけいいですね。w
無理にするとやっぱり刺さる回数も多くなるばかりか、ラグの影響がモロに出てしまうことがあるので、あまり自分はお奨めしません。できるのであればまた違いますが・・・!

追いかけるときの対処は・・・ひとがたさんとこにもちょこっと触れましたけど、ヒント的にはあんなかんじです。w
つまるところ、「オーラを纏わせなければいい」ことなので、次の記事が出来るまではそれで考えてみてください(´∇`*)
次回がんばりますw

■サンゲンさん
わかりやすいですか?! そういってくださると・・・ありがとうございます。・゚・(ノД`)・゚・。
自分文才ないんでorz

無理に止めようとするとやっぱり刺さりますからねー。w 結構上級者の方のに憧れて騎馬を始める方も多いので、ここでまずひっかかるのかなーと^^;
見極めるのが難しい場合は、まずは絶対的に刺さらない位置で止めてみてください。でつきはその1/5分カードを上に持っていく。止まれたら今度はさらにその1/5分・・・という具合です。別にあせる必要もないですしね、刺さらなければ大体騎馬には有利な試合展開が多いです(´∇`)
(もちろん相性によりますけれども

騎兵はやめられないのはこっちも一緒でしたからー(*゚д゚*)
むしろ今メインです。w サンゲンさんも騎馬で覇者目指してみてくださいー(≧∇≦)
2007/10/19(金) 02:35:11
URL | エロール #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erole.blog8.fc2.com/tb.php/374-d1f7a36d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 今日の出来事。 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。