嗚呼、明日も平和でありますように。
スポンサーサイト 
--/--/-- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TRACKBACK --  |  COMMENT --  | 編集
おっはよ♪(CV:蔡文姫 
2006/11/02 Thu 22:33

劉備征蜀覇王SUGEEEEEEEEEEEE!!!!!


最近ゲーセンに行ってないから頂上すら見る機会がなかったエロールです、こんばんは。

っていうか八卦4枚使いの身としては今回のセガチャンのは凄い参考になった…

正直袁軍は増援かな?と思っていたら実は袁紹軍の大攻勢で…

それを読んでいたかのように蜀軍の大攻勢、そしてコンマ差で田豊撃破…

そして中盤後半の八卦タイミングと槍の位置取り、そして趙雲のカバー力の高さ。

全ての感動にありがとう

やっぱ征覇王さんたちの戦いからは学び取るものが多いですね。w
僕もあんな鮮やかな迎撃術を会得したいものです(゚-゚)




さて、今回は第3回目「基本立ち回り講座」?。

今日は、 「ダメージ系を含むデッキに対する立ち回り」 という題でお送りいたします。

少々見づらい文になるとは思いますが、よろしければお付き合いください<(_ _)>

あ、そうそう。付け加えですが、

全講座、別に八卦を基準に書いているわけではありませんので!

ないとは思いますが一応それだけはお伝えいたします。w





突然ですが、

みなさん、ダメージ系がいるときって萎縮してしまいませんか?

まぁ僕もその一人です。(ぁ

「だってダメ計怖いじゃん!! 狙われたら一瞬で主力消し飛ぶんだぜ?! ありえねー!!!」




ごもっともです。
 (肯定すんのかよw




特に低知力が主力の半分以上を占めている軍。
本当に詰んでるなぁ…と毎回思います。w(蜀軍で言えば張飛&R馬超

まぁその詰み状態をいかに回避するべきか? というのが今回の課題ですね。




まず、ダメージ系の主な武将といえば

しょーゆじょじょ荀攸



やはりこの御三家。(何

まず特徴的なタイプわけとして、

火計 → 360度展開可能な棒状の計略範囲
落雷 → 同じく360度展開可能な円形の中にランダムな3本のダメージ
水計 → 前方横長長方形に渡る範囲

こうですかな。まぁそれぞれ状況に応じた使い分けが効くので、良い感じだと思います。

さて…では今回はこの3つのタイプを相手にするときに注意することを項目別に分けていきたいと思います。

と、その前に。

貴方のメインデッキをよーーーーーっくイメージしてください。

そして知力と主力は何体いるのかを確認してください。

しましたね? では行きますw




?火計

この火計の恐ろしいところは、効果範囲がとてつもなく長いこと。
なので、1,2体はやられて当然だと思わないといけません。

当然、その中には主力武将も含まれることを覚えておいてください。

さて、それでは火計の避け方ですが…

多くの場合、呉軍というのは纏まってかかってくることが何より多いです。ので、先ずは相手の歩調に合わせてはいけないということを頭においてください。
もし貴方のデッキの足が遅いのであれば、早めにラインを上げていったほうが良いでしょう。
貴方のデッキの足が速いのであれば、相手を早めに攪乱しましょう。

で、火計で気をつけなければいけないこと、それは

主力武将を一直線上に並べてはいけないということです。

例えば、周瑜が中央に出てきたとしましょう。では貴方の主力はどのように火計を回避すべきか?

中央をデッドラインとして2つに分割し、それ以上近寄らないようにしましょう。

結果、相手が迷ってくれることが多いです。

では、周瑜が端(極端な例なので、左端など)に出てきた場合は…

今度は上手く縦に分割、もしくは両サイドに武将を据えるべきでしょう。
(※両サイドのうち周瑜に近い部隊は火計に入らないようなポジションを取る

しかし、両サイドに散ると中央ががらがらになることを考慮すると、兵法が連環だった場合簡単に抜かれてしまうので、その点は注意してください。

さて、ではどうしようもない場合は?

主力1体+高知力か低コストで火計を誘いましょう。

まぁどのケースでもこのやり方が一番良いと思われます。
ですが、火計とはあくまで伏線なので、ラインが上がってきたら当然天啓とかのほうが強いですし、そういう場合を踏まえてラインは常に上げ上げで行きましょう。

もし貴方の主力が馬であるならば、低コストと一緒に出して周瑜を率先して倒しに行くのもありですね。その際、城前に1体おいておくとより打ってくれるかもしれません。

また相手も人間ですから、周瑜がどの位置で来るかを予測しなければいけません。
そういった点は勘と経験、そして自分ならどういう位置で出すか?ということを考えれば良いと思います。(他人事のようで申し訳ないですが(´・ω・`)

何にせよ、主力2対以上を焼かせないようにしましょう。

※逆に主力が高知力であれば、わざと焼かしてしまう方が効果的なケースもあることは覚えておきましょう。




落雷

さて、もっとも難しいであろうこの計略ですが…w

まず落雷のダメージソースは、他のサイト様を参考にしてください。
合っているとは確証できないですが、参考はこちらへどうぞw

まぁまずいえることは、

知力3以下は、1本でも落ちれば確実に滅されます。w

ので、ほっときましょう(ぉ
いや冗談じゃないですよ? 被害は最小限に抑えないといけないので…
ですが、主力が二人とも知力3以下だった場合

 合 掌  です。w
とりあえず範囲にかたまらないようにしましょう^^;


重要なのは先ず1本では死なない武将。多分知力5からかな?
そういった場合は、高知力と混ぜて進んでください。
範囲が結構でかい円なので、重なるように動かないといけませんが。
あともしも高知力が2体いるならば、主力を間に挟み、高知力で脇を固めるように進みましょう。
号令持ちがいるならばそのまま進めばいいですし、号令でないにしても死ぬ確立は50%ほどになります。

落雷については、確殺される部隊以外は守るように動くことが良いです。
これで相手は計略を他に変えてくる可能性が高くなりますしね。w

落雷は短いですがココまで。




水計

さて、幾分火計よりマシになったかな? という感じの計略ですね。
火計と違うところは、部隊が横一列になれないこと、ですね。
なので、よく号令キラーとか言われてたりなかったり。

そんなことより。w

まぁ基本は火計と一緒で、効果範囲に部隊を多く入れないことです。
もしも低知力な構成であれば、主力+準主力 で攻め上がり、相手に計略を使わせてしまうのも手かもしれませんね。
荀攸が計略を使ってくるのは基本範囲に3体以上居たとき、なので、あまり信用してはいけませんが^^;
でも火計よりも対処はしやすいはずです。

ただ、問題はその縦の効果範囲が意外にでかいということ。

「え、入ってないでしょ?」 っていう位置でも案外入っていたりします。
ゆえに、城内水計なんていうスキルもあったりなかったりしますw

なので、横は目一杯に伸びているので測りやすいですが、縦はなかなかはかれないと思います、ので

荀攸がいるときは、自陣の2/3くらいが範囲だと思っておきましょう。

で、その効果範囲に入らないように立ち回るのが打たせるか打たせないかの差が出てきます。

重要なのは打たせないことですが、それ以上に重要なのが、

自城でマウント取らせないでくださいね。w

知力低いのが集まってると詰んじゃうので…!!

これだけ注意しましょうw




さて、短い感じにまとめ…って案外長かった…orz

なんか後半二つ適当に見えちゃうかもしれませんが、

それだけ火刑が強力なんだなっていうことにしておいてあげてください…w

後半二つは割りと対策採りやすい計略なので、大丈夫だと思います^^;

でも何か質問があれば遠慮なく申してくださいね♪


では今回はこれまで。

次回は…何にしましょうかね?!w

とりあえずは少しお休みします。w

何かリクエストがあればそれについて書いていこうと思いますので、

コメントおまちしております☆


それでは(´∀`)ノ



ダメージ系ちょっと怖くなくなった人はどうぞクリックお願いしますorz


スポンサーサイト

テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム

コメント
この記事へのコメント
ダメ計代表的なやつ
火計?
孫桓がいるじゃないですか!www
え?威力低い?いやいやでもよく見るダメ計持ちw

落雷?
夏侯月姫がいるじゃないですか!www
え?威力低い?いやいy(ry

水計?
陳宮が…
田豊が…
審配が…

ごめんなさい、もうしませんから…m(。。)m

てかよく考えたら、僕のデッキって滅多にダメ計いねぇ~www
2006/11/03(金) 02:51:33
URL | リダ #0zDVe/QE[ 編集 ]
ダメ計は、自分のデッキにあった場合は有利ですが、相手にあったら「うわ!」
って思っちゃうんですよね。

2006/11/03(金) 18:34:11
URL | マルコメ #-[ 編集 ]
(;ω;)∩先生!とても分かりやすいです!(感動

自分は文才ないので…orz

エロールさんの講義を参考に
文才を鍛えたいと思いますm(_ _)m
2006/11/03(金) 20:23:19
URL | 狐林 #.usTzc9U[ 編集 ]
今回のセガチャン、私も感動しましたっ!。・゚・(つД`)・゚・。
ちょっと私にはできそうもない動きが多々ww
今更ながら、SR諸葛亮(旧ですがorz)を友人から譲ってもらったので、八卦が使えるようになったので、ちょっと興味持ってるところですw(●´∀`●)
八卦使ってみようかな・・・wダブルライダーは持ってませんがww

そしてダメ計対策が!
落雷で、「確殺される部隊以外は守る」というのが参考になりました!
確かに、1発でも落ちちゃう主力は・・・当たったらしょうがないですもんね(;^-^A
それなら、一発で落ちない部隊たちをまとめて撤退する確立を減らす・・・って感じでしょうか?
でも、まとまって守ったとして、相手側に連環系計略持ちとかも落雷と一緒に居るとかなりきついですよね。・゚・(つД`)・゚・。
そういうデッキに当たると、どうしよう・・・っていつも悩んでしまいますorz
今私のメインデッキは枚数少ないので特に(;^-^A
なにか・・・攻略方法ありますかね・・・?(´・ω・)
2006/11/03(金) 22:36:09
URL | 佐久間りお #bOuPcRVA[ 編集 ]
れすでーすヽ(´ー`)ノ

■リダさん
ぶふっ!!

いや、彼ら全員をあげたらきりがないからやめたんですがwww
でも確かに孫桓とか夏侯月姫あたりは今では主力級ですからね^^;
ダメージ的には記事に書いた三人が一番なのでその子らは取り上げませんでしたが、彼らも立派な戦士ですよ!!

あ、僕もダメージ系はあんまりいれません。
それに頼っちゃうのでww

■マルコメさん
状況をひっくり返すのはダメージ系が最高峰でしょうねぇw
特に使い勝手がいいのは落雷ですね。あれは正直に酷いなぁと思いました…呂布も一撃…w

相手にいたらちょっと立ち回りを工夫しないとたちまちお終いですね(ノ∀`)

■狐林さん
そういってもらえると嬉しすぎて涙がぁぁぁぁ(ノД;)
いやいや、狐林さんも文才あるじゃないですか!!
甘皇后デッキでの立ち回り、凄く学ばせていただいてますよw

自分の講義でよければ参考にしてやってください!(*゚д゚*)

■りおさん
ですよねっ
fanさんの呉バラにはちょっと意外な一面があったので良かったです。w
(火計を使えば良い処を蛮勇、などなど。
お、諸葛亮手に入りましたかー(´∀`*)
是非使ってあげてくださいね、魏とはまた違う計略の楽しみがありますのでー♪

落雷ではそうですね、知力4もちっと気をつけないといけないのがミソですね^^;
1発だけで約90%もっていかれるそうなので…(´・ω・)
知力3の部隊は…ごめんなさいってことでww
1発では落ちない武将を固めて動いていけば、号令とぶち当たったときのようなダメージなので結構いけますよΣd(´ー`)

>でも、まとまって守ったとして、相手側に連環系計略持ちとかも落雷と一緒に居るとかなりきついですよね。・゚・(つД`)・゚・。

あー確かに(;´Д`)
連環かぁ…最近あんまり見ないので記事にはしないでいいかなと思ったんですけども。ww
そうですね~では次回はそれをメインに書いていこうかなと思います、はいw

枚数少ないと本当連環とかお察しですよね(´・ω・)
2006/11/04(土) 01:43:05
URL | エロール #-[ 編集 ]
かなりためになりました~
火計が怖かったのですが、なんとなく対処方がわかりました!

大水計にも弱かったのですが、これもなんとなくわかりました!
じゅんゆうは気をつけるんですが、田豊や陳宮は水計だということを忘れる事が多いですw
2006/11/04(土) 18:10:50
URL | ブランドー #-[ 編集 ]
■ブランドーさん
おお、それは良かったです。・゚・(ノД`)・゚・。
火計怖いんですよねぇ; この記事はあくまで参考なので、自分なりの回避法が見つかればいいなと思います。w

最近は大水計も多いんでしょうか? 全くいってないので情報があまりないのですが…カードランキング見ればいいって話ですねw

>田豊や陳宮は水計だということを忘れる事が多いですw

あーありますねぇww
陳宮ならまだ残ることありますが、田豊だとちょっと危険域ですね…威力荀攸並だと思うので^^;
油断大敵じゃな ってそのとおりですね(´∀`;)
2006/11/06(月) 00:09:45
URL | エロール #-[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://erole.blog8.fc2.com/tb.php/290-d06937da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

copyright © 今日の出来事。 all rights reserved.


template by http://flaw.blog80.fc2.com
Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。